大阪のデリヘル嬢の仕事の素晴らしい所や魅力について

サイトマップ

女性

池袋の風俗デリ嬢は、年配の巨乳嬢でした

下宿先は、知合いの先輩の紹介もあって、池袋西口の北の方であり、途中には風俗街が軒を並べていて、よく厚化粧の女性に、「お兄さん、たまには寄ってかない」などと、声をかけられたものです。

其の池袋も、今ではすっかり変貌してしまって、風俗街は其のもも残って入るが、現代風のピンサロやセクキャバ、それ昨今はやりのヘルスである「デリヘル」等が並ぶところでもあり男を誘うところです。
しかも、この池袋の北の奥の方には都合の良いことに、ラブホテルも多く並んでいて、デリヘリやホテヘル族には絶好なところでもあります。

さて、先般は懐かしい池袋の地をブラブラしながらお店を選んだのが「人妻・巨乳系のデリヘル」としてあったところです。 早速、出てきたのがロングヘアのやや中年がかった女性でした。 お世辞にも美人とは言えないが、笑うエクボが可愛いい女でした。
相談をまとめて、直ぐにお目当ての近くのラブホテルへ向かいました。

女の身体つきは、30代後半から40代始めの頃の年代でしょうか、それでも、小生から比べたら未だまだ若い部類でしょう。 顔に似合わぬ何ともエロい雰囲気を持ってる感じで、オッパイが以上に大きく出っぱてい、所謂、巨乳タイプの何ともエロっぽいこれぞ中年女性のいいところでしょう。

其の張りのあるオッパイをモミモミしながらも、小生の大事なチンは既にルンルンの固まっています。 軽く、キスしながらもその間もずっと僕のチンを離さず、今にも暴発気味になりそうなのです。
その後、6・9の型に移り移りながら、今度はお口で同時にしかも一方的に責め込まれ、これはチョットヤバいなと思った時は既に遅く、「ウワーーツ、出るぞ」と発しながら、発射したのでした。
やはり、「池袋の夜」は楽しかったです。 またいぐぞ・・!。

記事一覧